2022年6月30日

賃貸オフィスを借りて移転しよう!リモートワークが増えた現状の打開策


賃貸オフィスの賃料は移転すれば下げられる

リモートワークを取り入れるとオフィスに余裕が生まれます。ほぼ全面的なリモートワークにした企業にとっては賃貸オフィスの賃料負担が無駄に感じられてくるでしょう。賃貸オフィスは状況に応じて借り直すのが大切で、より小さなオフィスを借りれば賃料はきっと安くなります。オフィス移転をすれば賃料負担を減らせると考えて、状況に応じて適切な賃貸オフィスを選び直しましょう。今後もリモートワークを継続するのであれば、オフィススペースはほとんど用意する必要がなくなります。オフィスビルのワンフロアを借りていた状況から、一部屋か二部屋を借りれば十分になることも多いので前向きに検討してみるのが大切です。

移転コストとの兼ね合いを考えよう

リモートワークの本格導入に伴い、賃貸オフィスを借り直して移転するのは長期的に見るとコスト削減につながります。しかし、短期的に見ると移転コストの負担が大きいので注意しましょう。賃貸オフィスから退去するときには原状回復工事をしなければなりません。新たに入居するときには設備工事をする必要があります。さらに必要な物品の運搬や設置、新規購入などもしなければならないでしょう。オフィス移転をすると心機一転になって従業員の士気が上がる可能性があることも加味して、コストとの兼ね合いを考えるのが重要です。特にリモートワークが一時的なもので、長期的に大勢の従業員をリモートワークにする予定ではない場合には現状の賃貸オフィスを利用し続けた方が良い可能性もあります。

中央区で賃貸オフィスを借りるということは、高級なオフィス街にある企業というブランド力を持てるというメリットがあります。ただし、賃料は割高といえます。

注文住宅を建てるなら!重視すべき3つの動線 Next post 注文住宅を建てるなら!重視すべき3つの動線