2022年6月30日

どうすればいい?満足度が続く注文住宅の選び方


まずはコンセプトを決めよう

注文住宅を作る場合に大切になってくるのは、コンセプトです。注文住宅は一生に一度のお買い物となるほど高額になるので、家族みんなが満足できる家にすることが重要です。そのためには、家族が集まって、どんな家にしたいかを十分に話し合うことが大切です。この部分をないがしろにしてしまうと、「実はこうしてほしかった」などの不満が出てくることになり、後悔先に立たずの状況になってしまいます。

家を建てるというと、積極的な要望を述べなければならないと考えがちですが、現状で困っていることも大切な意見です。さらに、コンセプトに含めたいのが、予算です。青天井で予算が組める人が少ないので、予算を決めておくことで、何を優先すべきかを明確にすることができます。

業者選びは大切にしたいポイント

注文住宅を建てる場合は、業者選びが成功の可否を握るといってもいいでしょう。注文住宅を手掛ける業者には、ハウスメーカーや工務店、設計事務所などがありますが、それぞれ方針やアプローチの仕方が異なります。一般的にハウスメーカーは、標準的なプランの中から自分たちの希望に最も近いものを選ぶ形になりますが、工務店はオーダーメイドで作り上げることが一般的です。さらに、設計事務所に依頼すると、デザイン性を重視したり、自分のこだわりをより実現しやすくなります。

いずれの業者を選ぶ場合でも、単に注文主の意見を聞くだけでなく、プロの目線での意見を述べたり、長い面で見たアドバイスをくれる担当者がいるところを選ぶと、住宅建設の時だけでなく、アフターフォローにも期待が持てます。

東京の注文住宅を検討する時、雑誌が役立つ場合があります。都道府県ごとに発行される注文住宅専門の雑誌で、注文住宅を建てるための設計ポイントや内装、最新設備などが学べます。

注文住宅を建てる場合に事前に考慮したい!家族構成と間取り Previous post 注文住宅を建てる場合に事前に考慮したい!家族構成と間取り
注文住宅の間取りを決めるときに大事なこと Next post 注文住宅の間取りを決めるときに大事なこと