2022年6月30日

子どもと一緒に暮らしやすい家に!家族構成によって間取りを決めよう


子どもとコミュニケーションが取れる家に

マイホームを注文住宅にする方も増えてきていますが、注文住宅の建築前に行う間取り決めは、家の建築に携わったことがないと決め方が分からず悩む場合がほとんどです。日常生活を送るためにも重要になってくる間取りは、間取り設計で失敗してしまうと、暮らし始めた時不便に感じる点が出てくる可能性があります。子どものいる家庭であれば、子どもとのコミュニケーションをとりやすい対面式キッチンを導入してみましょう。対面式キッチンは、保護者が家事をしながらでも子どもの様子を見守ることができ、キッチンから声をかけることもできるので、コミュニケーションをとりやすくなっています。

この対面式キッチンを中心にして、お風呂場や洗濯場などの間取りを決めていくと、生活動線の整った間取りにした家を造ることができます。

くつろぎの空間として和室を造る

間取り決めの時、和室をリビングの傍に配置するのも一つの方法です。畳のスペースがあることでくつろげる場所を造ることができ、すぐに寝転ぶこともできるので、子どもの昼寝時間にも活用できるだけでなく、遊び場としても使うことができます。和室は引き戸をつけておくことで独立したスペースにもできるため、来客者が来た時の客間としても活用することも可能です。子どもが勉強に集中したい時の部屋としても扱うことができるので、使い勝手のいい部屋となっています。和室は段差をつけているので、リビングからも見える位置に和室を配置することで、子どもと目線を合わせやすくなります。また、その段差部分を収納スペースとして、寝具などを片付けておくこともできます。

名古屋の注文住宅を建てる場合、予算決めに注意する必要があります。注文住宅は理想のマイホームを建てることがができますが、理想を追い求めすぎると予算オーバーになるケースも少なくありません。

賃貸住宅を選ぶときのポイントはここ!賃貸住宅の選び方 Previous post 賃貸住宅を選ぶときのポイントはここ!賃貸住宅の選び方
注文住宅を建てる場合に事前に考慮したい!家族構成と間取り Next post 注文住宅を建てる場合に事前に考慮したい!家族構成と間取り