2021年9月18日

ローコストで家を建てるために知っておきたいこと


住宅メーカー選びが重要

注文住宅をなるべく安く建てたい場合には、住宅メーカー選びが重要になります。というのも、住宅メーカーによって、得意としている価格帯が異なるからです。例えば、ラグジュアリーな高価格住宅を得意にしているようなメーカーにローコスト住宅の建築を依頼しても、思うような家は建てられないでしょう。少しでも安く注文住宅を建てたいのであれば、初めからそのようなメーカーは避けて、ローコスト住宅を専門に扱っているようなメーカーに相談した方が良いのです。

工務店という選択肢もある

ローコストで家を建てる場合には、住宅メーカー以外に地元の工務店に依頼するというのも一案です。全国展開しているような大手の住宅メーカーは、多額の費用をかけて広告活動を行ったり、各地にモデルハウスを出店したりしてどうしても高コスト体質になりやすく、それが建築料金を引き上げる要因になっています。これに対し、地場の工務店はそのようなコストが必要ないので、同じ建物であっても、より安い金額で受注することができるのです。そのため、もしメーカーにこだわりがないのであれば、工務店に依頼することも考えてみると良いでしょう。

建物や設備のグレードにこだわりすぎないこと

注文住宅の建築費を抑える上でもう一つポイントになるのは、建物や設備のグレードにこだわりすぎないようにするということです。せっかく建てるのだから少しでもグレードをよくしたいと思うのは人情ですが、だからといってメーカーに提案されるままにグレードアップをしていると建築料金が青天井で増えていきます。そのため、必要以上にグレードにこだわりすぎるべきではありません。

妥協できる部分・できない部分をしっかり見極めて建てれば、ローコスト住宅と言われる2000万の家でも、十分に満足できるクオリティに仕上がります。

なにがいいの?オール電化の賃貸のメリットとは Previous post なにがいいの?オール電化の賃貸のメリットとは
賃貸だからこそこだわりたい!子育て世代の収納と間取り Next post 賃貸だからこそこだわりたい!子育て世代の収納と間取り