2021年10月20日

なにがいいの?オール電化の賃貸のメリットとは


オール電化の賃貸とは

オール電化とは、生活にかかわる様々な設備を電気で賄うことを言います。キッチンのコンロは、従来はガスを使用していましたが、これをIHクッキングヒーターや電気コンロを使用することになります。お湯を沸かすための給湯設備もガス給湯器を使用していることが多いですが、オール電化では電気温水器かエコキュートを使うことになるでしょう。

部屋の中での危険が減る

オール電化の賃貸物件のメリットのひとつは、室内での危険性を減らすことができるということです。従来のガスコンロを使用している場合、火を燃焼させているので、火事の危険性があります。しかし、オール電化にすれば熱で調理することになるので、火事の危険性はありません。また、ガスコンロやガス給湯器の場合、機器が古くなるとガスの不完全燃焼などが発生し、中毒の危険性もあります。しかし、オール電化にすればガスが発生しないので、その危険もありません。このほか、コンロを使用していても、部屋の中が暑くならないので、夏場でも不快感が減ります。

光熱費を安くすることができる

光熱費を節約することができるのもオール電化のメリットです。オール電化ではない場合、電気代と暖房の燃料代金、そしてガス代金と様々な料金がかかります。それぞれで基本使用料を支払ったうえで、使用料金を支払うことになりますが、オール電化にすれば、それぞれにかかる基本使用量分は節約することが可能です。また、電気代金は、深夜帯が安いという特徴があります。夜間に給湯設備を使用したとしても、それほど電気代がかからないという点もメリットです。

千歳の賃貸物件を探す場合は、駐車場の有無や、1台のみ、2台可能など様々なパターンがあるため、事前に確認しておくことが大切です。

狭小住宅に住むことで得られるメリットとは何か? Previous post 狭小住宅に住むことで得られるメリットとは何か?
ローコストで家を建てるために知っておきたいこと Next post ローコストで家を建てるために知っておきたいこと