2021年10月20日

狭小住宅に住むことで得られるメリットとは何か?


少ない予算でも建築が可能

日本の都市部には、10坪ほどしかない土地に建てられている住宅が数多くあります。そのような住宅のことを一般的に狭小住宅と呼ぶのですが、あえてそういった家を建てることにはいくつかのメリットがあるのです。まず、第一のメリットとして挙げられるのは、少ない予算で手に入れられるという点です。狭小住宅はそれほど広い土地を必要としないため、土地代にかかるコストを大幅に削減することが可能です。また、建物自体も比較的小規模なので、一般的な住宅に比べると使用する建材もそれほど多くはありません。土地代と建物の建築費用をいずれも安く抑えられるため、狭小住宅は通常の住宅よりもずっと少ない予算で購入できるというわけです。

家族の絆を深められる

狭小住宅に住むもう一つのメリットは、家族の絆を深められるという点です。狭小住宅ではあまり多くの部屋数を用意するのは難しいため、どうしても家族がリビングに集まりやすくなります。顔を合わせればコミュニケーションせざるを得ないため、否応なしに家族の間の会話が増えることになるでしょう。そうすれば、同じ家に住んでいながら家族が疎遠になるという事態は回避できますので、結果的に家族の絆が深まっていくのです。

家事の負担が軽くなる

家事の負担が軽くなるというのも、狭小住宅に住むメリットであると言えるでしょう。各フロアがそれほど広くないので、室内の家事動線が短くて済むのです。重い洗濯物をもって長い距離を移動する必要がないため、家事嫌いの方にとっては狭小住宅は魅力的な選択肢ではないでしょうか。

狭小住宅は首都圏や地方都市の中心部に多く存在する傾向が見られます。首都圏などは土地の価格が高いため、なるべく小さい土地を使って暮らせる住宅に需要があるためです。

憧れの庭と便利な駐車場を作ろう!注文住宅なら安心で楽しい暮らしが手に入る! Previous post 憧れの庭と便利な駐車場を作ろう!注文住宅なら安心で楽しい暮らしが手に入る!
なにがいいの?オール電化の賃貸のメリットとは Next post なにがいいの?オール電化の賃貸のメリットとは